プチ・プレジール

チーズの特徴

見た目はカマンベールタイプに似ていますが、白カビではなく酵母により熟成をします。日本ではあまり紹介されていない、酸凝固タイプ(乳酸発酵主体でミルクを固める方法)のチーズで、乳酸菌由来の風味が楽しめ、口の中でほろりと崩れるような食感が特徴的です。
2017年よりエゾヤマザクラや日本酒由来の酵母を使用することにより、日本人の味覚に合った味わいに仕上げています。
「プチ・プレジール」はフランス語で「小さな喜び」の意味。期間限定商品の「さくら」の原型になったチーズです。

おすすめの食べ方

食べる30分ほど前に室温に戻すと、よりクリーミーでおいしく召し上がれます。冷蔵庫でも熟成は進み、皮の下は柔らかくなり、風味は強くなります。
若いうちは、小さく刻んでサラダなどにトッピングをしても美味しくお召し上がりいただけます。ベリー系のジャムや蜂蜜との相性もとても良いです。

受賞歴・認証など

道産食品独自認証制度(北海道認証・愛称:きらりっぷ)