レラ・ヘ・ミンタル

チーズの特徴

トムラウシ山と化雲岳の東に流れる十勝川の最上流に「カムイ・ミンタル(神の遊び場)」 と地図に記されているところがあり、そこが新得町の奥座敷です。アイヌ語で「レラ」は「風」、「ミンタル」は「遊び場」。チーズの名前は、さわやかな味にふさわしく、「神の遊び場」から吹く風をイメージして名付けました。
夏のチーズ「シントコ」と同じ作り方ですが、レラ・ヘ・ミンタルは一年を通して製造をしています。特に冬の脂肪分が高い季節に造られたチーズは、ミルクの甘みを感じることで優しい味わいに仕上がります。

おすすめの食べ方

前日に真空袋を開封し、食べる30分前に室温に戻し、皮を取り除いて薄くスライスすると香りが一層引き立ちます。
サンドイッチやパンにのせて、お酒のお供にもぴったりです。
カット後は断面に白カビや青カビが発生することもありますが、取り除けばお召し上がりいただけます。

チーズフォンデュのベースのチーズとしてもお使いいただけます。また、オニオンスープグラタンやクロックムッシュなどのチーズ料理にも最適なチーズです。

受賞歴・認証など

十勝ブランド